モバイル ユーザビリティでエラー警告が来たら検索順位が大きく下がった

新しいブログ記事をアップしたその時、いつもと違うと感じた。

 

ルーチンとして新しい記事がグーグルにインデックスされたかアップした記事タイトルを検索する。

 

これまでは遅くとも30分以内には検索結果に反映されていたがその日は1時間経っても2時間経ってもインデックスされない。

 

そして他にもおかしい事に気が付く。サイト全体のアクセス数が半減している。

 

検索エンジン経由の訪問者が激減している。

 

 


 

グーグル先生に怒られたのかと思いサーチコンソールを開く。

 

メッセージが来ていないのでどうやら手動ペナルティではなさそうだ。

 

しかしならば余計に理由がわからない・・・

 

と途方に暮れていたところモバイル ユーザビリティという全く意識していなかった場所にエラーメッセージが発生している。

 

 

テキストが小さすぎて読めません

クリック可能な要素同士が近すぎます

コンテンツの幅が画面の幅を超えています

 

 

サーチコンソールに↑のエラーが来ていた。

 

一つの記事に対して3つのエラー。

 

 

 

スマホでその記事を見たら確かに横に表がはみ出しているしリンク同士が接近している。

 

 

検索順位を調べるGRCというソフトで自分のサイトを調べるとそれまで10位以内に入っていたキーワードで掲載順位が軒並み50以上下がっている。

モバイル ユーザビリティのエラーが来ていた日の2日後からナイアガラ滝が如く下がっている。

 

その日にすぐ対応したらグーグル先生は怒らなかったのか?

 

とりあえず該当の記事は削除した。

 

削除してそのページにグーグルのクローラーがアクセスできなければ合格でそれ以上何もしなくてよいとサーチコンソールに書いているので従った。グーグル先生が気に入らない記事はこの世から消せば許してもらえる。

 

 

 

 

自分は元々アドセンス張っていないから実害が無いがブログで生計立ててる人にしたら死活問題。収入がグーグル先生の評価によって決まってしまう。

 

まだ経済的な問題ならいいがこれが政治や宗教が絡むと国家レベルに死活問題

 

 

 

もしグーグル先生が特定の政党や宗教に肩入れしてしまったら危険。

 

特定の政党に批判的な記事を書いたらそのブログを検索から排除する

特定の宗教のブログやHPは不適切なコンテンツという事で検索から排除する

 

といったことも可能。

 

グーグルは民間企業だし最近は中国向けに検索エンジンを提供しようとしている。これからどうなるのか?完全に中立な検索エンジンなんて理想論なのかもしれないが

 

 

 

現在は審査中で結果に数日かかるらしいのでせっかくだし自分のブログを改装することにした。

 

これまでは最新記事がトップに来ていたがこれからは記事を分類した固定記事をトップにしてみる。

 

雑記ブログやトレンドブログなら最新記事を常に表示するべきだろうけど自分のブログは特化ブログで9割近く検索エンジン経由なので最新記事をトップに置くメリットが無い。

 

そして自分もこのブログが見にくいと感じていた。

 

過去に書いた製薬会社の記事を見たいと思ってもカテゴリー別から遡っていかないといけない。まだ記事数が100以下なのでこの不便さではこの先思いやられる。

 

なのでこれからは階層的なブログでしばらくやってみようと思う。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。